1000
年にわたる一族の物語

『千年先の櫛部さんから~2020・令和二年~千年後の櫛部さんへ千年前から千年後へと繋ぐ、

櫛部家のものがたり』を、読んでみませんか?

    

昭和十五(1940)年、北海道に生まれた櫛部興喜氏には、子供の頃の不思議な思い出がありました。

寒さ厳しい北海道で、冬には吹雪が吹き込んでくるような「粗末なあばら家」に住みながら、お父様は

口癖のように「櫛部の家は千年前からある」「皇室とも繋がっている」と言っていたというのです。

「いったい親父はなにを言っているのだろう?」と、ただただ不思議に思うばかり…。

その後、櫛部氏は波乱万丈の渦中に巻き込まれます。

生家は、昭和二十八(1953)年に貰い火によって家は全焼。無一文となった一家は東京に出、

櫛部氏も苦学しながら商売の道を歩みました。

幸いにして、さまざまな労苦を経て成功されましたが、引退後、自らの姓の由来や、

お父様が言っていた「千年の由緒」の謎を解明したいという気持ちが募り、

折に触れてこれを調査しはじめます。

 

ご縁あって、不肖庵髙山式部源宗東事務所は、この調査のお手伝いをすることとなりました。

すると、繙いた櫛部家の歴史からは、日本武尊、藤原鎌足、紫式部、芥川龍之介といった

歴史的な人物が次々と登場してきました。父が語った「千年の歴史」は嘘ではなかったのです。

その調査をまとめたものが、この、『千年先の櫛部さんから~2020・令和二年~千年後の櫛部さんへ

千年前から千年後へと繋ぐ、櫛部家のものがたり』です。

 

またこの本では、江戸時代に伊予国桑村郡上市村(現愛媛県西条市)に本拠を置いた

櫛部氏について考察しながら、四国、瀬戸内地域の櫛部姓のルーツを解き明かしております。

歴史的な読み物としても、お楽しみいただけるかと思います。

 

頒布価格一冊2000円、送料300円(2冊まで)で、承ります。

お申し込みは、ご住所、お名前、必要冊数を明記の上、以下のアドレスまでご連絡ください。

baronmaro@h8.dion.ne.jp

口座番号をお知らせし、お振込みを確認の後、発送いたします。

お急ぎの際は、メールにてご相談ください。